「かもめ」

チェーホフ/原卓也訳

ドットブック版 84KB/テキストファイル 57KB

300円

女優志望の娘ニーナと、作家志望の青年トレープレフの物語。名声を夢みて、有名な作家トリゴーリンのもとに走ったニーナは、やがてトリゴーリンに棄てられ、彼との間にできた子供にも死なれて、精神的にも肉体的にも傷つく。だが2年後、トレープレフを訪れた彼女は、もはや自己の生きてゆく道をはっきり自覚した女性であり、プロの女優であった。一方のトレープレフは新進作家として売り出してはいたが…チェーホフの4大戯曲のひとつ。

チェーホフ(1860〜1904)ロシアの作家。モスクワ大学医学部を卒業し、医師のかたわら、最初は多数のユーモア短編小説を書いたが、20代の後半から本格的な文学を志すようになった。中期の作品には、社会的問題を取り上げ、当時の反動政治のもとであえぐ知識階級の絶望と消極性と卑劣さをあばく作品が多い。肺結核とたたかいながら、ヤルタに転地し、晩年に至る後期の作品は、世紀末の停滞した空気の中で埋没していく人間への批判と、真の人生を見出そうとする人々がテーマとなっている。代表作に『かもめ』『ワーニャ伯父さん』『三人姉妹』『桜の園』の四大戯曲のほか、『六号室』『中二階のある家』『決闘』『可愛い女』『犬を連れた奥さん』などがある。44歳で亡くなった。

立ち読みフロア
第一幕

 ソーリン家の領地内の庭園の一部。観客席から庭園の奥にある湖に向かってのびている広い並木道が、家庭劇用に急設された舞台で仕切られているため湖は全く見えない。舞台の左右に灌木《かんぼく》。椅子《いす》が数脚、テーブル一つ。

 今しがた日が沈んだばかり。幕のおりている舞台の上にヤーコフと他の下男たち。咳《せき》ばらいや槌音《つちおと》がきこえる。マーシャとメドヴェージェンコ、左手から登場。散歩の帰り。

【メドヴェージェンコ】 どうして、いつも黒い服を着てらっしゃるんです?
【マーシャ】 これはあたしの人生の喪服なの。あたし、不幸な女ですもの。
【メドヴェージェンコ】 どうして? 〔考えこんで〕わかりませんね。……あなたは健康だし、おとうさんだって、そりゃお金持ちじゃないにしても、何不自由ないじゃありませんか。あなた方より僕の方が、生活はずっと苦しいですよ。月給はたった二十三ルーブルだし、その上、退職金の積み立て分をさっぴかれるんですからね。それでも僕は、喪服なんか着ませんよ。〔二人、腰をおろす〕
【マーシャ】 問題はお金じゃないわ。貧乏人だって幸せになれるもの。
【メドヴェージェンコ】 そりゃ理論上はね。でも実際はこういうことなんです。僕と、それから母、妹が二人、小さな弟、それでいて月給はたった二十三ルーブルですからね。まさか飲まず食わずじゃいられないでしょう? お茶や砂糖だって必要だし、煙草《たばこ》も要《い》るでしょ? これじゃ、きりきり舞いしなけりゃなりませんよ。
【マーシャ】 〔舞台を見まわしながら〕もうじきお芝居がはじまるわ。
【メドヴェージェンコ】 そうですね。出演はザレーチナヤ、脚本、トレープレフ作。あの二人は恋人同士だから、今日は同じ一つの芸術形象を作りだそうという意欲に、二人の魂が解け合うことでしょう。そこへゆくと、僕とあなたの魂には、共通の接点がないんですものね。僕はあなたを愛している。恋しさにじっとしていることができないで、毎日六キロも歩いてここへ通って、帰りがまた六キロ。それでいて出会うものといや、あなたの無関心な態度だけなんだから。それも当然ですよね。僕は財産はないし、家族は大勢だし……食うにこと欠くような男と結婚するなんて、そんなもの好きな話があるもんですか?
【マーシャ】 つまらないことを。〔嗅《か》ぎ煙草をかぐ〕あなたのお気持には心を打たれますけれど、それにお応《こた》えすることができないんです。それだけのことですわ。〔煙草入れを彼にさしだす〕いかが?
【メドヴェージェンコ】 いえ、けっこうです。〔間〕
【マーシャ】 蒸し暑いわ。きっと夜中に雷雨がくるわね。あなたって。いつも哲学をならべたてるか、でなけりゃお金の話ばかりなんですもの。あなたに言わせると、貧乏ほど大きな不幸はないらしいけど、あたしの考えでは、ぼろを着て乞食《こじき》暮らしをする方が千倍も楽ですわ、それより……もっともあなたにはわかっていただけないわね……

〔右手からソーリンとトレープレフ登場〕
【ソーリン】 〔ステッキにもたれながら〕わたしは、君、田舎《いなか》にいるとどうも調子が狂ってね。だから、もちろん、いつになってもこの土地に慣れることはあるまいよ。ゆうべだって十時に寝たのに、今朝目がさめたのは九時で、あまり寝すぎたもんだから、まるで脳味噌が頭蓋骨《ずがいこつ》こびりついたみたいな気持だったよ。すべてこの調子なんだ。〔笑う〕ところが、昼ご飯のあと、ついまた一眠りしちまったもんで、今や全身がくたくたで厭《いや》な気分さ、結局のところ……
【トレープレフ】 たしかに、伯父《おじ》さんは都会で暮らす必要がありますね。〔マーシャとメドヴェージェンコに気づいて〕みなさん、はじまる時にはよびますから、今はここにいないでください。あっちへいらしてくださいませんか。
【ソーリン】 〔マーシャに〕マリヤ・イリイーニチナまことに恐縮だけれど、あの犬の鎖をはずしてやるように、お父さんに頼んでくれませんか。でないと、吠《ほ》えるんでね。妹はまた夜通し眠れなかったんですよ。
【マーシャ】 ご自分で父とお話になってください。あたしは厭ですわ。勘弁してください。〔メドヴェージェンコに〕行きましょう!
【メドヴェージェンコ】 〔トレープレフに〕それじゃ、はじまる前に知らせによこしてください。〔二人、退場〕
【ソーリン】 つまり、また一晩じゅう犬が吠えるってわけか。困ったね。わたしは田舎に来て、自分のしたいような暮らしなんぞ一度もしたことがないんだよ。前にはよく、二十八日間の休暇を取って、骨休めや何かにここに来たものだけれど、来たとたんになんだかんだとくだらぬことに煩わされるもので、ついたその日から逃げ出したくなったものだよ。〔笑う〕ここを引き上げるときは、いつも大喜びだったね……ところが、今や退職の身で、行くべきところもないときたもんだ、結局のところ。厭でも応でも、ここで暮らせってわけさ……
【ヤーコフ】 〔トレープレフに〕コンスタンチン・ガヴリールイチ、わたしら、一泳ぎしに行ってきます。
【トレープレフ】 いいとも。ただ十分後には持ち場についてくれよ。〔時計を見る〕もうじきはじまるから。
【ヤーコフ】 わかりました。〔退場〕

……「第一幕」冒頭


購入手続きへ


*** 作品一覧へ *** ホームページへ ***